Categories

Capture

2236 results found.
On this page you can find publications, news, blog posts, events and openCCS articles matching the category you have selected.
Refine
Date published: 
01 Oct 2013
This report provides an assessment of the impact of deploying CCS on national priorities other than climate change in South Africa. The report is premised on the assumption...
Publication cover
Date published: 
09 Apr 2014
This report describes an in-depth national study of bioenergy with carbon capture and storage (also known as bio-CCS, BECCS or renewable-CCS), with a focus on Australia. The...
Publication cover
Date published: 
11 Apr 2014
The focus of this study is on the role that bioenergy carbon capture and storage (BECCS) technology can play in achieving long term ambitions to reduce emissions. This report...
Publication cover
JCOALのCCS関連の動き CCS先進地域(豪州、北米)との連携を深める石炭関連団体「JCOAL」 1.日本におけるCCS関連団体日本政府と連携してCCSを推進する組織(独立行政法人や財団)には、いくつかの団体があります。 JCOAL 、NEDO、RITE、AIST、IAE、JST-LCS、JOGMECなどです(略号の正式名称は脚注に記載)。...
terufumi.kawasaki
In Japan, several incorporated administrative agencies and foundations cooperate with the government to promote carbon capture and storage (CCS). By reviewing the activities...
terufumi.kawasaki
Date published: 
10 Oct 2013
世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版となる。本レポートでは、CCSプロジェクトの開発状況、政策や規制枠組み、CCSを構成する技術、社会的受容などについての概況を報告する。
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
يلخص هذا التقرير (الحالة العالمية لالتقاط وتخزين الكربون (CSS): شباط 2014، الوضع الحالي لمشاريع التقاط وتخزين الكربون واسعة النطاق حول العالم، ويقدم ايضا نظرة شاملة لآخر...
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
《全球CCS现状:2014.02》报告总结了当前世界范围内大型一体化碳捕集与封存 (CCS) 项目的现状,并且提供了重要的国际CCS项目政策、法律、法规的发展概述。 如果我们要保持全球气温上升低于2℃的目标,CCS的作用是至关重要的。CCS是应对气候变化所需的最低成本低碳技术组合的一个重要组成部分。在过去的几个月中,一系列专家报告已经承认这一事实...
Publication cover
Accessibility: 
Publicly available
In Juliette, Georgia, Southern Company operates a coal-fired power plant that is the single largest source of planet-warming carbon dioxide emissions in the United States. In...
Arguably the most unlikely ‘covergirl’ for 2014, a lump of coal featured on the cover of the April Issue of Wired Magazine is raising debate around the world just...
caroline.baldwin
Source: 
Wired
Accessibility: 
Publicly available
Proof that good things don’t always come in nice packages can be found by taking the fast train from Beijing to Tianjin and then driving to the coast. Tianjin, China’s third-...
Date published: 
17 Feb 2014
본 글로벌 CCS 현황: 2014년 2월 보고서는 전세계 대규모 탄소 포집과 저장(CCS) 프로젝트의 현황을 요약하고, 주요 국제 CCS 프로젝트를 비롯해 해당 정책과 법률 및 규제의 진척 상황을 개관합니다.
Publication cover
Source: 
PennEnergy.com
Accessibility: 
Publicly available
環境問題への関心が高まっている中、米国Southern Company
Source: 
PennEnergy.com
Accessibility: 
Publicly available
With an ever-increasing focus on environmental issues, Southern Company employees have developed a number of patented and patent-pending innovations to address the capture...
Source: 
PhysOrg
Accessibility: 
Publicly available
ニュー・サウス・ウェールズ大学のCO2CRC研究者らは、Delta Electricity社のVales Point発電所にあるCO2回収研究所において、特注の試験装置を設置し、発電所からのCO2回収を目的とする新しい中空糸膜の試験を行った。中空糸膜モジュールには、何百もの小さなスパゲティー状の管が入っており、ガスと膜表面の接触面積を最大にする。...
Source: 
PhysOrg
Accessibility: 
Publicly available
CO2CRC researchers at the University of New South Wales have installed a custom built rig at Delta Electricity's Carbon Capture Research Facility at Vales Point Power Station...
Date published: 
17 Feb 2014
本報告書『世界のCCSの動向:2014年2月』は、世界の大規模統合CCSプロジェクトの状況をまとめるとともに、重要なプロジェクト、政策、法規制制度の整備などに関する国際動向を紹介するものである。2014年2月現在、世界で12件のプロジェクトが操業中、9件が建設中である。UAEで世界初の製鉄プロセスCCSが着工し、...
Publication cover
Date published: 
01 Dec 2013
This knowledge Sharing FEED Report is the result of a Front End Engineering and Design (FEED) of OXYCFB300 Compostilla CCS Project undertaken by Endesa Generacion S.A, FWEOy...
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
The report is a follow-up to the Institute’s comprehensive annual Global Status of CCS report released in October 2013. The report provides an overview of significant...
Publication cover
Source: 
PhysOrg
Accessibility: 
Publicly available
地球温暖化問題との闘いが激しくなる中、世界中の科学者達は、環境や人体の健康を損なうことなく天然ガスを生成する方法を模索している。しかし、温室効果ガスであり、地球温暖化の主な原因であるCO2が環境を激しく破壊する前に、そのCO2を分離・回収できる方法があったとしたらどうだろうか?Virginia Commonwealth University(...
Source: 
PhysOrg
Accessibility: 
Publicly available
As the fight against global warming heats up, scientists around the world are in pursuit of ways to generate natural gas without compromising the environment and human health...
Date published: 
29 Nov 2011
2009 年7 月、Maasvlakte CCS Project C.V.(「MCP」)は、欧州委員会にプロジェクト提案書を提出した。これが、「ROAD プロジェクト」(「Rotterdam Opslag en AfvangDemonstratieproject」:ロッテルダム貯留回収実証プロジェクト)の始まりである。...
Publication cover
Date published: 
01 Jun 2012
CO2 回収貯留(CCS)では、枯渇した石油・ガス田、陸域と海域の地殻深部にある塩水滞水層、岩塩空洞ないし採掘できない炭層などの地質構造にCO2 を注入し閉じ込める。これらは、既存の石油・ガス生産における二次回収のアプローチであり、同時に温室効果ガスの排出を減らす手段でもある。この序論は、CCS...
Publication cover
Date published: 
01 Sep 2012
アジア太平洋経済協力会議 (APEC)の発展途上 諸国は、世界で最も急速に成長している経済圏であり、今後数十年間に発電量を大きく拡大する必要がある。この新規電源の多くは、化石燃料、特に石炭に依存する可能性が高い。地球規模の気候変動及び地域に急速に拡大する石炭火力発電部門からの二酸化炭素 (CO2) 排出量の増加に対する懸念から、...
Publication cover
Date published: 
23 Sep 2013
2009年に創設された欧州CO2回収貯留(CCS)実証プロジェクトネットワーク(ネットワーク)は、このクリーン な低炭素技術についての知識共有と開発支援を目的とした主要な大規模CCSプロジェクトの唯一の集まり である。
Publication cover