Categories

Public Engagement

918 results found.
On this page you can find publications, news, blog posts, events and openCCS articles matching the category you have selected.
Refine
Accessibility: 
Publicly available
(英国の)Drax発電所に隣接した敷地における新しいWhite Rose CCSプロジェクトにかかる計画案が4月に一般公開され、地元市民がその見学に招かれた。一般公開は3か所で開催され、来場者はWhite Rose案についてプロジェクト・スタッフと話し合うことができ、フィードバック・アンケートにも記入できる。   (Original...
Source: 
PhysOrg
Accessibility: 
Publicly available
気候変動の影響を緩和するため、緊急にCO2排出削減への行動を行うことの必要性が叫ばれているにもかかわらず、大量排出源や大気中から直接、この温室効果ガスを除去し、利用又は隔離する技術的解決策に対する注目や資金提供は僅かである。理論上、CO2回収・利用・貯留(CCUS)は人為的温室効果ガス排出量を削減する実行可能なオプション、とみなされている。しかし...
Source: 
PhysOrg
Accessibility: 
Publicly available
In spite of calls for urgent action to reduce carbon dioxide emissions to mitigate the effects of climate change, little attention and funding has been given to a...
Accessibility: 
Publicly available
Local residents are being invited to attend public exhibitions in April to view plans for the new White Rose Carbon Capture & Storage Project proposal on land next to...
Date published: 
10 Oct 2013
世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版となる。本レポートでは、CCSプロジェクトの開発状況、政策や規制枠組み、CCSを構成する技術、社会的受容などについての概況を報告する。
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
يلخص هذا التقرير (الحالة العالمية لالتقاط وتخزين الكربون (CSS): شباط 2014، الوضع الحالي لمشاريع التقاط وتخزين الكربون واسعة النطاق حول العالم، ويقدم ايضا نظرة شاملة لآخر...
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
《全球CCS现状:2014.02》报告总结了当前世界范围内大型一体化碳捕集与封存 (CCS) 项目的现状,并且提供了重要的国际CCS项目政策、法律、法规的发展概述。 如果我们要保持全球气温上升低于2℃的目标,CCS的作用是至关重要的。CCS是应对气候变化所需的最低成本低碳技术组合的一个重要组成部分。在过去的几个月中,一系列专家报告已经承认这一事实...
Publication cover
Accessibility: 
Publicly available
Carbon capture and storage (CCS) is the collective name for a group of proven technologies from various industries that have been adapted to prevent large quantities of the...
Source: 
Click Green
Accessibility: 
Publicly available
Early public engagement is vital to the acceptance of new emission-busting energy technologies, says a Government-funded report published today. A new report by the Energy...
Ms. Christiana Figueres, the Executive Secretary of the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC), has the unenviable challenge on the 20th Anniversary...
mark.bonner
Source: 
Ecofys
Accessibility: 
Publicly available
新しい双方向型インターネット・ビューワーで、CO2パイプラインに関する包括的な情報提供が行われる。Ecofys社とSNC Lavalin社が、IEAの温室効果ガスプログラムとGlobal CCS Instituteの委託によりデータ収集を行った。現在、世界中で6,500km以上のCO2パイプラインが敷設されている。このビューワー用に、...
Arguably the most unlikely ‘covergirl’ for 2014, a lump of coal featured on the cover of the April Issue of Wired Magazine is raising debate around the world just...
caroline.baldwin
Source: 
Ecofys
Accessibility: 
Publicly available
A new interactive viewer provides comprehensive information on CO2 pipelines. Ecofys and SNC Lavalin gathered the data on behalf of the IEA Greenhouse Gas programme and the...
How important is public engagement to carbon capture and storage (CCS) projects? According to participants at a February 26 Education Outreach Workshop at the Canadian...
chris.smith
Accessibility: 
Publicly available
来月開催されるEdinburgh International Science Festival(エジンバラ国際科学フェスティバル)で、SCCS(スコットランドのCCS研究パートナーシップ;http://www.sccs.org.uk/)の科学者2人が炭素原子ついてのさまざまなアイデアをまさに「繰り出す」ことになっている。Heriot-Watt...
Date published: 
17 Feb 2014
본 글로벌 CCS 현황: 2014년 2월 보고서는 전세계 대규모 탄소 포집과 저장(CCS) 프로젝트의 현황을 요약하고, 주요 국제 CCS 프로젝트를 비롯해 해당 정책과 법률 및 규제의 진척 상황을 개관합니다.
Publication cover
Accessibility: 
Publicly available
Two SCCS scientists will be bouncing some ideas about carbon atoms around at the Edinburgh International Science Festival next month – quite literally. Dr Yolanda Fernández...
Source: 
Energy Fairness
Accessibility: 
Publicly available
先週、ミシシッピー州ジャクソンにおいて、ライス大学とミシシッピー州立大学の共催により、石油増進回収(EOR)に関するシンポジウムが開催された。このシンポジウムでは、世界中の専門家が集まり、EORにおけるCO2利用ポテンシャルの増加に焦点が当てられた。同州は今日既に、石油増進回収全体の半分でCO2を利用しており、...
Source: 
Energy Fairness
Accessibility: 
Publicly available
Last week in Jackson, Mississippi, Rice University and Mississippi State University combined to host a symposium on Enhanced Oil Recovery (EOR). The symposium brought...
Date published: 
17 Feb 2014
本報告書『世界のCCSの動向:2014年2月』は、世界の大規模統合CCSプロジェクトの状況をまとめるとともに、重要なプロジェクト、政策、法規制制度の整備などに関する国際動向を紹介するものである。2014年2月現在、世界で12件のプロジェクトが操業中、9件が建設中である。UAEで世界初の製鉄プロセスCCSが着工し、...
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
The report is a follow-up to the Institute’s comprehensive annual Global Status of CCS report released in October 2013. The report provides an overview of significant...
Publication cover
Date published: 
01 Aug 2013
本報告書は、日本における知識共有ネットワークが実施した複数のフェーズにわたり実施された、「日本における知識共有ネットワークによるCCSコミュニケーション枠組みの構築」プロジェクトの第2 フェーズについて示したものである。
Publication cover
Date published: 
01 Jun 2012
本調査の目的は、一般市民がCO2回収貯留(CCS)を他の温室効果ガス緩和オプションと比較した際の、CCS に関する認識、知識、審議及び選択を支援するオンラインの意思決定ガイドを開発することである。具体的に言えば、その目標はa)豪州の調査結果とオランダの回答者の結果とを比較し、b)...
Publication cover
Date published: 
14 Nov 2013
報告書の背景一般的な考え方とは違い、社会的受容とは「大多数の市民がプロジェクトを受容すること」を意味するものではない。プロジェクトの社会的受容のレベルは、対象となる集団について、「賛成」または「反対」という行動についての共通のビジョンを用いた調査結果には基づいていない。これは、...
Publication cover
Date published: 
23 Sep 2013
2009年に創設された欧州CO2回収貯留(CCS)実証プロジェクトネットワーク(ネットワーク)は、このクリーン な低炭素技術についての知識共有と開発支援を目的とした主要な大規模CCSプロジェクトの唯一の集まり である。
Publication cover