Categories

Storage

2396 results found.
On this page you can find publications, news, blog posts, events and openCCS articles matching the category you have selected.
Refine
Date published: 
01 Oct 2013
This report provides an assessment of the impact of deploying CCS on national priorities other than climate change in South Africa. The report is premised on the assumption...
Publication cover
JCOALのCCS関連の動き CCS先進地域(豪州、北米)との連携を深める石炭関連団体「JCOAL」 1.日本におけるCCS関連団体日本政府と連携してCCSを推進する組織(独立行政法人や財団)には、いくつかの団体があります。 JCOAL 、NEDO、RITE、AIST、IAE、JST-LCS、JOGMECなどです(略号の正式名称は脚注に記載)。...
terufumi.kawasaki
In Japan, several incorporated administrative agencies and foundations cooperate with the government to promote carbon capture and storage (CCS). By reviewing the activities...
terufumi.kawasaki
Date published: 
10 Oct 2013
世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版となる。本レポートでは、CCSプロジェクトの開発状況、政策や規制枠組み、CCSを構成する技術、社会的受容などについての概況を報告する。
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
يلخص هذا التقرير (الحالة العالمية لالتقاط وتخزين الكربون (CSS): شباط 2014، الوضع الحالي لمشاريع التقاط وتخزين الكربون واسعة النطاق حول العالم، ويقدم ايضا نظرة شاملة لآخر...
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
《全球CCS现状:2014.02》报告总结了当前世界范围内大型一体化碳捕集与封存 (CCS) 项目的现状,并且提供了重要的国际CCS项目政策、法律、法规的发展概述。 如果我们要保持全球气温上升低于2℃的目标,CCS的作用是至关重要的。CCS是应对气候变化所需的最低成本低碳技术组合的一个重要组成部分。在过去的几个月中,一系列专家报告已经承认这一事实...
Publication cover
Source: 
E&E Publishing
Accessibility: 
Subscription only, paid
米環境保護庁(U.S.EPA)は、昨日(4月1日)、温室効果ガスの長期貯留に関する同庁の「Class VI」プログラムの一環として、CO2の地下への圧入・隔離では初めてとなる許可証案を公表した。この許可証案は、イリノイ州で提案されているCO2回収プロジェクトであるFutureGen 2.0における4つのCO2圧入井に対し発行されるもので、...
Source: 
E&E Publishing
Accessibility: 
Subscription only, paid
U.S. EPA released the first-ever draft permits yesterday for underground injection and sequestration of carbon dioxide as part of the agency's "Class VI" program for long-...
Source: 
eNews Park Forest
Accessibility: 
Publicly available
 米国環境保護庁(U.S.EPA)は、FutureGen Industrial Alliance社による、イリノイ州Jacksonville近郊における地下深部へのCO2注入を認める許可案について、パブリック・コメントを受け付けている。「CO2隔離」として知られるこのプロセスは、...
Source: 
eNews Park Forest
Accessibility: 
Publicly available
The U.S. Environmental Protection Agency is accepting public comment on proposed permits that would allow the FutureGen Industrial Alliance Inc. to inject carbon dioxide deep...
Arguably the most unlikely ‘covergirl’ for 2014, a lump of coal featured on the cover of the April Issue of Wired Magazine is raising debate around the world just...
caroline.baldwin
Source: 
Michigan Live
Accessibility: 
Publicly available
不要なCO2を取り出し、これを液化して廃棄油田の中に注入し、地下の多孔質の岩をCO2で満たし(ついでにというわけではないが)残った石油を押し出す。そんな話は、まるでアル・ゴアが立案した科学プロジェクトのようだ。ある油田の所有者によれば、ミシガン州の企業がこの技法を使わなければ取り出せなかった石油160万バーレルを回収した。Traverse...
Source: 
Michigan Live
Accessibility: 
Publicly available
It sounds like a science project designed by Al Gore: Take excess carbon dioxide, liquidize it and inject it into abandoned oil fields, filling the porous rocks beneath with...
Date published: 
17 Feb 2014
본 글로벌 CCS 현황: 2014년 2월 보고서는 전세계 대규모 탄소 포집과 저장(CCS) 프로젝트의 현황을 요약하고, 주요 국제 CCS 프로젝트를 비롯해 해당 정책과 법률 및 규제의 진척 상황을 개관합니다.
Publication cover
Source: 
Zero CO2
Accessibility: 
Publicly available
CGS Europe has participated with 34 research institutes around Europe to create an overview of the many potential CO2 storage pilot projects across Europe. The report...
Source: 
Merced Sun-Star
Accessibility: 
Publicly available
Phil Bryantミシシッピ州知事らは、同州はCO2を利用した古い油田における増産について国内で指導的立場にある、と胸を張った。木曜日(3月6日)にJacksonで行われたRice University及びMississippi State University主催の会議では、いわゆる石油増進回収(EOR)の拡大について議論が行われた。...
Accessibility: 
Publicly available
米国立エネルギー技術研究所(U.S. National Energy Technology Laboratory : NETL)は、地中貯留容量の予測能力を誤差30%以下に改善するための評価ツール・技術・方法論の開発に最大6件の任意協力契約助成金を授与する予定との発表について、修正を行った。この予測能力の改善とは、...
Source: 
Merced Sun-Star
Accessibility: 
Publicly available
Gov. Phil Bryant and others are extolling Mississippi as a national leader in using carbon dioxide to extract more oil from old oil fields. A conference hosted Thursday in...
Accessibility: 
Publicly available
The U.S. National Energy Technology Laboratory has modified its announcement that it expects to award a maximum of six discretionary cooperative agreement grants to develop...
Date published: 
17 Feb 2014
本報告書『世界のCCSの動向:2014年2月』は、世界の大規模統合CCSプロジェクトの状況をまとめるとともに、重要なプロジェクト、政策、法規制制度の整備などに関する国際動向を紹介するものである。2014年2月現在、世界で12件のプロジェクトが操業中、9件が建設中である。UAEで世界初の製鉄プロセスCCSが着工し、...
Publication cover
Source: 
Next Big Future
Accessibility: 
Publicly available
Trials of UCG (Underground Coal Gasification) under way globally from China to Queensland, and South Africa to Canada, the stakes are high. Not least for the atmosphere....
Date published: 
01 Dec 2013
This knowledge Sharing FEED Report is the result of a Front End Engineering and Design (FEED) of OXYCFB300 Compostilla CCS Project undertaken by Endesa Generacion S.A, FWEOy...
Publication cover
Date published: 
17 Feb 2014
The report is a follow-up to the Institute’s comprehensive annual Global Status of CCS report released in October 2013. The report provides an overview of significant...
Publication cover
Date published: 
01 Jun 2013
CCSプロジェクトの許可を得るのは、特に貯留許可が義務付けられているため、長く困難なプロセスである。貯留許可に関する規制(CCS指令、ガイダンス文書)は新しいものなので、いくつかの重要な細かい点を様々に解釈することができる。ROADプロジェクトの場合、貯留許可のプロセスに合計で2年近くを費やした。ROADは幸運にも、...
Publication cover
Date published: 
01 Oct 2013
今日、石油増進回収(EOR)でのCO2の圧入とそれに付随する大量のCO2の地層への貯留を中心としたものと、主にCO2の大気中への排出を削減することが目的のCO2回収貯留(CCS)の圧入と貯留を中心としたものの間には、どこか類似した文化的及び知識上のギャップが見られる。しかしながら、CCS技術の幅広い導入を推進するための長期戦略の一環として、...
Publication cover