News

2017 Clean Coal Day International Symposium held in Tokyo

Tuesday, 3 October 2017

The 26th Clean Coal Day International Symposium was held on 5 and 6 September in Tokyo, Japan.

Attendees were policy makers from coal producing countries, coal consuming countries and as well as the industry.  During the 2017 Clean Coal Day International Symposium, the attendees and speakers discussed the trends in policy, technology development and environmental issues. They also discussed the energy security and conservation of environment, with the aim to work toward finding solutions.

The Institute’s CEO, Brad Page, gave a presentation on ‘Word’s CCS Project Situation – CCS Market’ during the Coal Policy and Market Situation session on Day2, 6 September.

Japanese translation:

石炭エネルギーセンター(JCOAL)などが主催する「第26回クリーン・コール・デー国際会議」第26回クリーン・コール・デー国際会議が 平成29年9月5日(火)、9月6日(水)の二日間、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催されました。今回のシンポジウムのテーマは「各国のエネルギー資源事情を踏まえたエネルギーミックスを考える~Coal Valu Chainを踏まえた先進火力発電等技術の役割」で、Global CCS Institute CEOのBrad Pageは二日目のセッションで「Word’s CCS Project Siutaion – CCS Market」について講演を行いました。

本会合では多くの石炭産出国および消費国政策当局や企業関係者などが講演を行い、各国における政策や技術開発の動向、地球環境問題への対応などについて活発な議論が行われました。