News

24th Study Meeting in Japan

Wednesday, 2 May 2018

 

 

Institute’s Japan office held the 24th Study Meeting on Wednesday, 25 April.

 

Intitute’s Kazuko Miyashita, explained the outline of a new database that will come online later this year. Following this, Mr Takanori Kaigawa, Air Water Inc., made a presentation on ‘’Current situation of Carbon Dioxide production and Case study of CO2 Capture in MURORAN plant’’, while about 30 attendees eagerly listened to the presentations and engaged into a Q&A session afterwards.

 

 

グローバルCCSインスティテュート日本事務所 主催の第24回勉強会が4月25日(水)に開催されました。

今回は、日本事務所・宮下和子より、本年6月に新しく立ち上がるグローバルCCSインスティテュートのデータベースの概要を紹介するとともに、講師としてエア・ウォーター株式会社より貝川 貴紀氏を迎え「炭酸ガス製造の現状と室蘭での CO2 回収事例の紹介」につきましてご講演賜りました。

当日は約30名の参加者を迎え、活発な質疑応答が行われました。