Publications

Publications

ギャップを埋める:CO2-EOR とCO2-CCS に関する法規制の分析と比較

1st October 2013

Topic(s): Carbon capture, use and storage (CCUS), Policy, law and regulation

今日、石油増進回収(EOR)でのCO2の圧入とそれに付随する大量のCO2の地層への貯留を中心としたものと、主にCO2の大気中への排出を削減することが目的のCO2回収貯留(CCS)の圧入と貯留を中心としたものの間には、どこか類似した文化的及び知識上のギャップが見られる。しかしながら、CCS技術の幅広い導入を推進するための長期戦略の一環として、回収された人為起源のCO2の供給を実益のあるEOR操業へと統合するポテンシャルを評価する際には、この知識とコミュニケーションのギャップを埋めることは特に重要である。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

ギャップを埋める:CO2-EOR とCO2-CCS に関する法規制の分析と比較

Newsletter

Get the latest CCS updates