Publications

Publications

サイトの社会的特性分析と 利害関係者の関与

14th November 2013

Topic(s): Public engagement, Carbon capture, use and storage (CCUS)

報告書の背景
一般的な考え方とは違い、社会的受容とは「大多数の市民がプロジェクトを受容すること」を意味するものではない。プロジェクトの社会的受容のレベルは、対象となる集団について、「賛成」または「反対」という行動についての共通のビジョンを用いた調査結果には基づいていない。これは、少数派だろうが受容の条件はそれぞれの利害関係者に特有であるということを無視しているため、民主的な考え方としては不備がある。少数派の反対でプロジェクト全体を阻止するのに十分であるということは繰り返し確認されてきた。

実際のところ、社会的受容とは、プロジェクトの利害関係者が協力して、所定の時間内で、プロジェクトを固有の自然と人間の環境に円滑に統合させるために必要な、最低限の条件を定義するプロセスの結果である。(Caron-Malenfant & Conraud、2009年)。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

サイトの社会的特性分析と 利害関係者の関与

Newsletter

Get the latest CCS updates