Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

基本設計調査最終報告書

1st January 2012

Topic(s): Engineering and project delivery, Carbon capture, use and storage (CCUS)

Trailblazerは、米国テキサス州Nolan郡Sweetwaterの東約9マイルに位置する、建設中の超臨界微粉炭火力(PC: Pulverized coal)発電所である。Trailblazerは、初期設計に商用規模の燃焼後回収式CO2回収(CC: Carbon dioxide capture)プラントを取り入れて建設される米国初の石炭火力発電所となる見込みである。本プロジェクトは本来なら大気中に排出されるはずのCO2の85~90%を回収する設計となっている。本発電所は総出力760MW(夏季のCCプラント稼働時の環境温度下)を発電する計画である。 
本プロジェクトの目的は、来るべき炭素規制に関連した潜在的な先行的クレジットの活用、回収したCO2のPermian Basinにおける石油増進回収(EOR: Enhanced oil recovery)への有効利用及び石炭利用と国内石油生産を通じた米国のエネルギー安全保障への貢献である。 
プロジェクトの開発推進に当たり、Tenaska社は、プロジェクトの設計・調達・建設(EPC: Engineering, construction and procurement)業者及びCC技術提供者の選定のため、それぞれの競争入札手続きを実施した。これらの過程を経て、Tenaska社は、Econamin FG+(EFG+) CO2回収技術の提供を含むEPC業者及び技術提供者双方の役割を担う業者にFluor Enterprises社を選定した。 
Tenaska社は、CCプラントに関する基本設計(FEED: Front-end engineering and design)調査を実施するためFluor社と契約した。開発途上のこの産業においては、サプライヤーに大規模な商用CCプラントに関する経験がないことから、FEED調査が不可欠である。FEED調査の主な目的は、提示された確定価格及び商用稼動時の性能保証を裏付けるため、プロジェクトについての十分な技術的な定義(設計及び計画作業に係る労力全体の名目上15~20%を必要とする)を行うことである。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

基本設計調査最終報告書

Newsletter

Get the latest CCS updates