Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

太陽エネルギー技術のCCSへの適用検討

1st March 2012

Topic(s): Renewables, Solar energy, Carbon capture, use and storage (CCUS)

本調査は、CO2回収貯留(CCS)と再生可能エネルギー技術を、相乗効果を高める方法で統合する機会を特定および定量化すること、また再生可能エネルギー発電業界に恒久的な成果を残す可能性のあるあらゆる選択肢を見出すことを目的に実施した。複数の興味深い選択肢が調査され、燃焼後回収CCSにともなうエネルギー損失を補償するために再生可能熱エネルギー活用する事について、詳細なレベルで研究した。
調査した選択肢は以下のとおりである。

  • CCS用溶媒の再生および発電所のその他の熱需要向けの集光型太陽熱エネルギー
  • 集光型太陽熱発電(CSP)のための、エミッションフリーの補助燃料としてのガス化/CCSからの水素
  • ガス化/CCS/水素/CCGT発電所に負荷追従能力を提供する、圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)システム
  • CCS-焼成反応と水素生産を補助する高温化学反応への集光型太陽熱の利用
  • CO2貯留層からの水除去への余剰風力エネルギーの利用

 

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

太陽エネルギー技術のCCSへの適用検討

Newsletter

Get the latest CCS updates