Publications

Publications

日本における知識共有ネットワークによるCCS コミュニケーション枠組みの構築

1st August 2013

Topic(s): Public engagement, Carbon capture, use and storage (CCUS)

本報告書は、日本における知識共有ネットワークが実施した複数のフェーズにわたり実施された、「日本における知識共有ネットワークによるCCSコミュニケーション枠組みの構築」プロジェクトの第2 フェーズについて示したものである。実施内容は次のとおりである。

(1). プロジェクトの第1 フェーズで行った、「CCS をコミュニケーションの枠組みを通じてどのように説明すべきか」という専門家の議論に基づき、CO2 回収・貯留(以下「CCS」)に関する一般市民向けアウトリーチプログラムを作成・試験する。

(2). CO2貯留に関する問題のうち、特に、CO2圧入による誘発地震と、地震がCCSに与える影響についての「知識ギャップ」に対処する。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

日本における知識共有ネットワークによるCCS コミュニケーション枠組みの構築

Newsletter

Get the latest CCS updates