Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

発展途上国におけるCO2回収貯留への資金供与

1st March 2013

Topic(s): Carbon capture, use and storage (CCUS), Project financing, Capacity development

CCSが大規模なCO2 排出削減に貢献するためには、先進国と発展途上国の双方において普及する必要がある。とりわけ、来る数十年においては、化石燃料使用量(およびそれに付随するCO2排出量)の純増大分は全て途上国から生じるものであることが見込まれている状況を勘案すると、途上国における普及は重要である。一方、大部分の途上国においては、CCSが必要となるような気候変動の悪化こそ認められるものの、CCSが果たして商業ベースにのるかどうかについては、現状は心もとない状況にある。本レポートは、2012年4月25日にロンドンにて開催された第三回クリーンエネルギー大臣会合のために準備されたものであり、会合に参加した各大臣に対し、CCSプロジェクトへの短期あるいは中期の資金供給の必要性に関して提言を行っている。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

発展途上国におけるCO2回収貯留への資金供与

Newsletter

Get the latest CCS updates