Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

船舶によるCO2シャトル輸送のCCSへの適用に関する予備FS

1st August 2014

Topic(s): Carbon capture, use and storage (CCUS), CO2 transport

提案する船舶によるCO2の輸送では、Fig 1.2-1に示す通り、液体CO2(LCO2)のカーゴタンクを備えた船が重要な構成要素となる。すなわちこのシステムでは、圧縮CO2を直接船から圧入坑井の海底坑口に送る船上圧入ポンプを特徴としている。
本提案に基づく船舶を使用したシャトル輸送により、複数の回収サイトから複数の貯留サイトへのCCSチェーンの接続が可能となる。これには、以下のような利点がある。

  • CCS導入初期の「シンク(吸収源)-ソース(排出源)マッチング」要件の緩和
  • 水中にあるCO2輸送パイプを通じた、海底下地層への直接アクセス
  • 積み出し港と注入サイトの両方に、大容量の一時貯留タンクを設置する必要がない
  • CCSプロジェクト計画を柔軟に変更できる
  • 注入サイト設備を簡単に廃止、移転、再利用できる
  • 従って、システムの冗長性を確保できる

 

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

船舶によるCO2シャトル輸送のCCSへの適用に関する予備FS

Newsletter

Get the latest CCS updates