Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

西オーストラリア州 温室効果ガスの回収・貯留: 二つのプロジェクトの物語

6th June 2013

Topic(s): Carbon capture, use and storage (CCUS), Health, safety and environment

西オーストラリア州では二つのCCSプロジェクトが計画されている。両プロジェクトとも、豪州連邦政府及び西オーストラリア州政府の共同パートナーシップによる支援を受けている。一方のプロジェクトは液化天然ガス(LNG: Liquefied Natural Gas)プラントから発生するCO2を貯留し、もう一方は石炭を燃焼する産業及び石炭火力発電によって生じるCO2を貯留する。両者が違う点は、社会及び環境への影響並びに貯留層の地質である。一方は動物相を保護する価値が高く、人の住んでいない場所に立地しており、他方は人口の多い農業地域である。また、一方には従来型の貯留用シールがあり、他方は複数のトラップメカニズムを採用している。両プロジェクトを合わせると、西オーストラリア州のCO2排出量の11%を貯留する容量がある。

本書ではこれらの最先端のプロジェクトの相違点及び共通点を検証する。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

西オーストラリア州 温室効果ガスの回収・貯留: 二つのプロジェクトの物語

Newsletter

Get the latest CCS updates