Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

APEC 発展途上経済圏における石炭火力発電用CCS に関わる許認可について

1st September 2012

Topic(s): Carbon capture, use and storage (CCUS), Policy, law and regulation, Permitting

アジア太平洋経済協力会議 (APEC)の発展途上 諸国は、世界で最も急速に成長している経済圏であり、今後数十年間に発電量を大きく拡大する必要がある。この新規電源の多くは、化石燃料、特に石炭に依存する可能性が高い。地球規模の気候変動及び地域に急速に拡大する石炭火力発電部門からの二酸化炭素 (CO2) 排出量の増加に対する懸念から、これらの発電所からの排出CO2の回収貯留(CCS)をいつ実行できるかという問題が生じている。石油増進回収 (EOR) などのCO2 利用と組み合わせることができるCCS 技術は、多くの発展途上APEC 諸国で急速に拡大する石炭火力発電部門からのCO2排出量の劇的な増加に対処する実行可能な技術解決策となる。

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

APEC 発展途上経済圏における石炭火力発電用CCS に関わる許認可について

Newsletter

Get the latest CCS updates