Publications, Reports & Research

Publications, Reports & Research

CO2回収プラントの火力発電プラントへの統合

18th April 2014

Topic(s): Carbon capture, use and storage (CCUS), CO2 capture

本報告書では、既設の1070 MWのMaasvlakte石炭火力発電所の3号機(MPP3)と、新設が提案されている250 MW相当のRotterdam Opslag en Afvang Demonstratieproject CO2回収プラントとの統合プロジェクト(ROAD)について述べる。CO2回収技術については、CCSのコスト削減を目的として、これまでにも多数の研究や報告書で取り上げられている。しかしながら、大規模な発電所との統合もCO2回収貯留チェーンの効率および運用性に重大な影響があり、また、それ自体で相当額のプロジェクトコストが生じる。
本特別報告書は、ROADがグローバルCCSインスティテュートのために作成したものであり、ROADが発電所への統合をどのように達成するかについて述べている。

 

Download

Back to Publications

Disclaimer

The content within the Global CCS Institute Publications, Reports and Research Library is provided for information purposes only. We make every effort and take reasonable care to keep the content of this section up-to-date and error-free. However, we make no claim as to its accuracy, currency or reliability.

Content and material featured within this section of our website includes reports and research published by third parties. The content and material may include opinions and recommendations of third parties that do not reflect those held by the Global CCS Institute.

CO2回収プラントの火力発電プラントへの統合

Newsletter

Get the latest CCS updates